円光院
| 三条夫人について | 武田信玄公の墓 | 刀八毘沙門天・勝軍地蔵尊 |





 瑞巌山円光院(臨済宗妙心寺派)は甲府市の北東に位置し、春花秋月の美しさと展望に恵まれた躑躅ヶ崎(つつじがさき)の東にあります。当山を創建した信玄公は、山囲むこの自然環境そのものをもって自らの境涯を示しました。

 信玄公は元より仏法信仰を重んじ臨済宗に帰依し、京都妙心寺の開山である開山国師の遺風を崇敬しておりました。その因縁により、京五山、鎌倉五山にならい、甲州の古刹の寺を城下に移しました。そして何れも妙心寺派に改め、それぞれに土地を寄付し、これらの寺を御城附御祈願所五山と号しました。現在は別名甲府五山と称し、円光院、東光寺、法泉寺、長禅寺、能成寺であり、何れも武田親族の菩提寺になっています。

 円光院は元々、武田信玄公の先祖・逸見太郎清光の創建(保元年間)で、清光院と号し、小石和(現在の笛吹市石和町)にありました。後に武田信守が、父・信重の牌寺として成就院と改めました。さらに永禄三年(1560)信玄公が、京都より説三和尚を迎えて開山とし、当地に移しました。現在の寺号の起こりは、信玄公正室三条夫人が元亀元年(1570)7月28日に逝去し、当院に葬送された時の法名をと号されたのによって、瑞巖山円光護持禅院と改称されました。

  天正元年(1573)4月12日、信玄公は信州の駒場にて53歳の生涯を終えました。そして武田家滅亡後の当院は、武田の家臣を祖先とする平岡氏累代の菩提寺となっています。

  当院は、延享3年(1746)惜しくも伽藍を焼失してしまいました。最近まで実存した伽藍及び庫裡は、直後の宝暦年間(1751〜1760)に平岡代官(当院の書院にある木座像)によって再建されたものと推定されます。そして、現在の本堂は昭和52年に再建され、庫裡は平成11年に大改修いたしました。