サーキットトレーニング

お尻

1、床にうつ伏せになって下さい。両脚の先は握り拳一つ分開きます。 両腕は、肩幅より少し広く開き、腕を立ててカラダを
  持ち上げて下さい。頭から踵の先まで一直線になるように注意して下さい。 お腹を引き締めてゆっくり息を吸います。
 
2、息をゆっくりと吐きながら少し肘を曲げると同時に左脚をできるだけ上に持ち上げて下さい。
  脚は真っ直ぐ伸ばして下さい。

3、元の位置に戻し下さい。反対側も同様に交互に30秒します。

4、次に立ち上がって脚を高く上げて大きく手を振りその場でジョギングします。 約30秒。(1)〜(4)を3セットして下さい。


全身

1、両脚は揃えて足先を少し開いて、背筋を伸ばして両手を高く持ち上げながら直立して息を吸います。

2、床に両手を肩幅より少し開き置きます。頭と膝頭をくっつける気持ちで息を吐きながら小さく丸くかがんで下さい。

3、両手はそのままで、上半身に力を込めて息を吐きながら両脚を揃えて床を蹴り後ろに伸ばします。
  この時背中が丸くなったり、腰が落ちたりしないように気をつけましょう。
  頭の先から踵までが一直線になるようにします。 約30秒の間、(1)〜(3)をに繰り返します。

4、次に立ち上がって脚を高く上げて大きく手を振りその場でジョギングして下さい。約30秒。(1)〜(4)を3セット。


背中・二の腕

1、床にうつ伏せになって両脚をまっすぐ伸ばして足先は、少し開きます。両手は肩幅に開いて肘を曲げて、手の平を床につけます。
  そのまま上半身を持ち上げ背中を反らせます。この時、肘の角度は90度を保ってください。

2、お腹に力を入れて両肘から先の部分でカラダを支えながら、両膝を曲げて床につけたままお尻をを持ち上げます。

3、少しずつ両肘を伸ばして、息を吐きながら腰を持ち上げ背中を丸めたまま息を吐ききります。
  (1)〜(3)を約30秒間続けてください。

4、そして次に立ち上がって脚を高く上げて大きく手を振りその場でジョギングします。
  約30秒。(1)〜(4)を3セットして下さい。


脚・お尻

1、両脚は、揃えて足の先を少し開いて背筋を伸ばし両手を高く持ち上げ直立して下さい。
  両手を少し開いて息を吸いながら左膝を曲げ太腿が床と平行になるまで上げます。

2、右脚でカラダの重心を支えながら、持ち上げた左脚を前に踏み出します。
  この時に息を吐きながら上半身を腰から左前に倒して左の太腿の下で両手を合わせます。
  背骨は丸くならないよう気をつけて下さい。


3、元に戻り同様に反対側もして下さい。交互に30秒。

4、次に立ち上がって脚を高く上げ大きく手を振りその場でジョギングをします。約30秒。(1)〜(4)を3セットして下さい。


お腹・ウエスト

1、お腹の横にある腹斜筋は鍛えれば引き締まったウエストになっていきます。床に腰を下ろしてお腹を引き締め、両腕を
  床と平行に真っ直ぐ前にします。右膝を立て、左脚は少し斜め上に真っ直ぐ伸ばします。
  この時、太腿から足先まで真っ直ぐになるようにください。

2、下半身は、そのままの状態で息を吸いながら上半身をゆっくり脚を上げている左側にひねり息を吐きながら
  少し後ろに倒れます。

3、脚を変えて同じく反対側もしてください。(1)〜(3)を約30秒繰り返してください。


4、次に立ち上がり脚を高く上げ大きく手を振ってその場でジョギングします。約30秒。(1)〜(4)を3セット。





健康1番 トップページに戻る

サイト マップ
ベッド体操ダイエット サーキットトレーニング 水泳ダイエット 内臓脂肪ダイエット リバウンド防止
寝ながらエクササイズ コアトレーニング ホルモンエクササイズ 自転車でダイエット タオルでダイエット
ダンベルエクササイズ
痩せるためには、食事制限だけではなく運動も必要です。
運動することによってカロリーを消費して、筋肉をつけることによって太りづらいカラダを目指しましょう!

ダイエットエクササイズ

サーキットトレーニング
簡単ダイエット・サプリメント:健康1番
健康1番に関するご意見やご感想はこちらまでお願いします。
Copyright(c)2005〜2007,健康1番
ダイエット女性・エクササイズ・トレーニング・筋肉