2種類の脂肪をやっつける

体脂肪は、脂肪細胞のなかに食べ物から得た糖質や脂肪分のうち消費しきれなかった
ものが分解・蓄積されてできたものです。
小さいときの体形によって、その後の細胞の数が決定されます。
つまり、子供のころに思春期あたりで脂肪細胞の数は決定され、数は減らすことは
できなくなります。

体脂肪の多い少ないはこの脂肪細胞と関係します。脂肪細胞は、体脂肪を合成して
いくらにでも膨らむことができます。
ここでは、体脂肪にはどんなものがあるのかを押さえていきましょう。

体脂肪はそのつきかたによって、2種類のタイプに分けることができます。
1つは、主に若い女性に多い皮下脂肪型肥満。
もう1つは中年男性に多い内臓脂肪型肥満です。

おなかを中心に上半身が肥満しているものを、その形から「リンゴ型肥満」と呼びます。
ビール腹などと言われているのがまさしくそれで、中年男性に多い太り方です。

一方、お尻、下腹、太ももなど下半身を中心に肥満しているタイプをやはりその体型が
似ていることから「洋ナシ型肥満」と呼びます。
こちらは若い女性に多い皮下脂肪からなるもので、妊娠や出産時のエネルギー源となる
ため、あまり減らさないほうがいいとされています。
ただし、過度な皮下脂肪はやはり少し減らしてシェイプアップしたいものではあります。

問題はリンゴ型肥満のほうで、こちらは内蔵脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満のどちらか
一方であるのですが、リンゴ型+内臓脂肪型の組み合わせの場合、高血圧や高脂血症、
心臓病、などの合併症になるおそれが強いのです。
美容によくないばかりか、むしろ、おそろしい生活習慣病になる危険性が高まります。

ダイエットで目標とすべきはまさにこういう体脂肪。体脂肪の増加を抑え、病気を防ぐ
ためにもダイエットをする必要があるのです。

健康1番 トップページに戻る

サイト マップ
「痩せるってどういうこと?」「体脂肪とは?」・・・
そんな疑問を抱く皆さんのために、ダイエットとはどういうものかということについて説明します。

痩せる仕組み

簡単ダイエット・サプリメント:健康1番
ダイエットとは美しく健康的に痩せること
体脂肪を減らして正しく痩せる
運動が体脂肪を燃焼する
2種類の脂肪をやっつける
摂取エネルギーより、消費エネルギーを増やす
普通の生活では、食べ過ぎる
痩せる食事のポイントは糖質と脂肪を抑えること
やせる運動は3タイプ
有酸素運動が体脂肪を燃やす決め手
筋肉をつければ寝ていても痩せる

商品検索
ダイエット
体脂肪率
基礎代謝
痩せる 仕組み
痩せる 技
ダイエット 有酸素運動
筋肉 トレーニング
むくみ 解消法
上半身 下半身 肥満
メタボリック シンドローム
食習慣 ダイエット
体重体組成計
痩せ食べ
野菜ダイエットスープ
デトックス ダイエット
注目ダイエットキーワード
酢 ダイエット @
酢 ダイエット A
酢 ダイエット B
酢 豆乳 寒天
引き締め 良い姿勢
トレーニング ウエア
ダイエットエクササイズ
ヒートショックプロテイン
マクロビ
ターボセル
ロデオボーイ
プロテイン 商品
サプリメント
サプリメント とは?
ビタミン
ミネラル
脂質
グルコサミン
コラーゲン
ブルーベリー
コエンザイムQ10
L−カルニチン
αーリポ酸
体臭予防
生サプリ ランキング
サイト マップ