健康1番
  食習慣  体脂肪率  むくみ解消法  デトックス  痩せる仕組み  痩せる技

ビタミン

サントリー健康食品オンラインショップ


肉食に偏ると、ビタミンが欠乏するというのは常識です。
例えば内臓肉ではビタミンA、B、Dが摂取できるし、豚肉にはビタミンB1が含まれる。
しかし1日の必要量を大きく下回る。特にビタミンCは肉にはほとんど含まれていない。
ビタミンCには、抗酸化作用がある他に皮膚や粘膜を丈夫にして免疫力を上げる働きもあり、
ホルモンの生成にも関与している。
肉を多く摂取する人に気をつけてほしいのが、脂溶性ビタミンの摂取過多です。
ビタミンA、D、Eは脂と一緒に体内に取り込まれ、内臓や脂肪細胞に沈着し蓄積される。
そしてその量が増えていくとカラダに害をもたらしてしまうことがある。
ビタミンCは水溶性ビタミンなので過剰に摂っても、尿とともに排出されてしまう。
欠乏しないようにしっかり摂っておきましょう。

ビタミンA・ベータカロチン

ビタミンAは摂り過ぎると、吐き気や食欲不振など の症状が出てきてしまいます。
ビタミンAは、2種類あります。
ひとつは、初めからビタミンAの形をした レチノールで過剰症を防ぐために特に
妊婦さんや妊娠する可能性がある方は最大摂取量に注意する必要があります。
もうひとつは体内に入ってからAに変わるベータカロチン等で、サプリメントとしては
こちらで摂り、必要な分だけ体内でビタミンAに変換されます。
こちらは最大摂取量を気にする必要はありません。妊婦さんも安心です。

役割
目の健康に役立つ。
皮脂の分泌を促して、皮膚に潤いを与える。
免疫機能を助ける。呼吸器系の抵抗力を付ける。




ビタミンB郡

ビタミンの中でも最初に発見されたのがビタミンB1です。
これが不足した場合の病気に脚気がありますね。
ビタミンBにはB1、B2、B6、B12などの種類があります。


ビタミンB1
糖質を分解しエネルギーに変える役目や筋肉神経の働きの監視役、胃の養分の
消化吸収作用を高めたりします。

ビタミンB2
皮膚、爪、髪の毛の健康を維持する。免疫力の維持したり、ホルモン調節、養分の代謝を
活発にします。

ビタミンB6
利尿作用促進。皮膚を丈夫にします。

ビタミンB12
他のビタミンの働きを助けます。 足りないと貧血になる可能性があります。

葉酸
皮膚の健康、貧血防止、腸内環境の整えます。
産前-産後に必要な栄養素です。



ビタミンC

水溶性ビタミンで、摂り過ぎても水分とともに体外に排出されます。美肌効果があり美容には
欠かせません。 たばこを吸ったり、ストレスが多い人はたくさん必要です。

役割
免疫力を高める。
メラニンの生成の抑制、コラーゲンの生成。
メラニンの生成の抑制、コラーゲンの生成。
ガンの予防。




ビタミンE

本来は植物油の中に多く入っているのですが、現在では精製過程の段階でほとんどなくなって
しまっているようです。 脂溶性ビタミンですが、他の脂溶性ビタミンと違って、体内に比較的短い
時間し か貯えられません。 活性酸素を抑える「抗酸化作用」があるため、ガン予防や老化防止に
効果があります。 血行をよくする作用もあります。 健康補助食品としては天然ビタミンしか配合
出来ない物で、精製ビタミンEは酸化防止剤としてのみ食品に添加されます。

役割
抗酸化作用。 老化を進めたり病気になりやすくなる活性酸素を分解したり、細胞膜に被害がない
ように守る。
体内の酸素の利用効率を高め、疲れにくくする。
毛細血管の血行をよくする。




ビタミンD

どちらも一般的に充分摂れている物で、サプリメントとしては摂る必要はありません。 
また、脂溶性ビタミンなので摂りすぎると有害になります。








健康1番 トップページに戻る



サイト マップ