○○の趣味 本文へジャンプ
ネイルアートの作り方


ネイルアートに必要な道具

マニキュアの塗り方
ネイルアートの作り方
100円均一ネイルアート道具

ネイルアートデザイン

星のネイルアート

お花のネイルアート1
お花のネイルアート2
お花畑のネイルアート
迷彩柄のネイルアート
桜のネイルアート


ネイルアート用品

アクリル絵の具

トップコート
ベースコート
簡単デコネイル
ネイルアートの本
デザインネイルチップ
ネイルケア


その他の雑貨

インテリア・キッチン小物

浴衣特集 1980円から!
アロマセラピーグッズ
話題のクロックス・ヌーサン
水着特集


リンク
リンク

ホームへ戻る

和風!桜のネイルアート


アクリル絵の具を使った和風ネイルアートです。

和風桜のネイルアート

和風桜のネイルアートです。

濃いネイビーのマニキュアの上にアクリル絵の具で桜の花を描きました。

自分の自爪に書くと、左手でペイントするのがちょっと難しくて大変でした。

チップに書けばもっと早くできるし、保存しておけるのでおすすめです。

それでは桜が少し難しいですが頑張って挑戦しましょう。

※今回は説明のためにネイルチップで作り直しました。

桜のネイルアートの作り方。

まずはじめにベースコートを塗ります。

その上にネイビー、または黒のネイルカラー(マニキュア)を塗ります。

次はアクリル絵の具で花びらを書いていきます。
白に赤のアクリル絵の具をほんの少し混ぜてほんのり薄いピンク色を作ります。

水も少し混ぜましょう。

水はあまり入れると透き通ってしますので混ぜすぎないように少しずつ入れてください。
 

桜の花びらのかき方は拡大すると右のような感じで花びらの先を二つ尖らせます。狐の輪郭のような感じですね。

桜の花びらを一枚一枚書き足して5枚の花びらをかきます。

もし失敗してしまったら、アクリル絵の具が乾く前なら水を含ませたティッシュでふき取れば消せるので何度もチャレンジしましょう。

ひとつの桜の花びらがペイントできたら二つ目三つ目とさらに桜を書き入れます。
桜の花はチップや爪の大きさに合わせてお好みの場所に入れていきましょう。

花びらが散ったように一枚の花びらを書き込んでも面白いですね。
立体感を出す為に桜の花びらにもう少し濃いピンク色を乗せます。

先ほどの薄いピンクに更に赤を足して少し濃い目のピンクを作ります。
少し分かりにくいかもしれませんが花びらの真ん中から少し濃い目のピンク色を乗せます。

立体感が出てきました。
最後にトップコートを塗って良く乾かせば「和風桜のネイルアート」の完成です。


和風桜のネイルアートで使えそうなグッズを集めました
OPIブラックオニキス
クールで個性的なマットブラック

OPI(オーピーアイ)ピンクフォーユー
クリアなラベンダーピンクにたっぷり含まれた微粒子グリッターが七色にキラキラ輝く、カワイく、クールなカラー。

トップベースセット
ベースコートは自爪強化剤と兼用でOK。常に使用することで、弱くなったり、乾燥からくる2枚爪やひび割れを防ぎ、自爪を丈夫にしてくれます。トップコートは光沢があり、ネイルカラーの発色をキレイにしてくれます。
アクリルネイル
アクリル絵の具(不透明アクリル樹脂絵の具)ネイリストがアートする際にも使っているアクリル絵の具。不透明色のアクリル樹脂でできており、鮮やかな発色なのでネイルにアートに最適です。
ネイルブラシ
ブラシに定評のあるクリスノのデザインブラシです。使いやすさや用途に応じた毛質にこだわり、すべて手作りで丁寧に作られています。
毛に適度なコシがあるため、描きやすさは抜群!!
細かいアートを描くときに重宝するブラシです。

ホームへ戻る