山下弘治プロフィール

1967年10月9日愛知県名古屋市生まれ。名古屋大学理学部地球科学科卒業。同大学在学中より、地元のライブハウスで活動を開始する。この頃に、向井滋春(tb)、植松孝夫(ts)、峰厚介(ts)らをゲストに迎え、数々のライブをこなしている。その後、五十嵐一生(tp)Gのメンバーとして東京でもライブを行なうようになり、在学中ながら東京〜名古屋の往復生活が始まる。大学卒業後、椎名豊(p)トリオ&セクステットのレギュラーになり、彼の薦めで、1993年「ジャズネットワークス」の一員として3作目「ブルーズンバラッズ」をニューヨークでレコーディングする。その時のメンバーはロイハーグローブ(tp)、ジョシュアレッドマン(ts)、ジェシーデイビス(as)、椎名豊(p)、大坂昌彦(ds)であった。

 1994年に上京、在名中にも親交のあった向井滋春(tb)のグループにも参加し、本格的にジャズベーシストとしての道を歩き始める。アコースティックベースの音色を生かした暖かなサウンド+ビッグトーンに加え堅実かつ大胆なプレイが高く評価され一躍ライブシーンに登場する。来日ミュージシャンとの交流では、1996年NHKのラジオ、テレビ番組でハンクジョーンズと初共演をする。その時のプレイが彼に認められ、以後、97、99、00年と来日の度に彼から指名を受け、コンサート・ライブハウスで演奏を共にしている。00、02年にはスコットハミルトンと国内ツアーをし好評を博す。01年にはニューヨーク在住のギタリスト増尾好秋とも共演している。

 04年、師の高西康夫氏の「大きな楽器で小さなコンサート」に出演、ブルッフのコルニドライを独奏し、クラッシクのコントラバス奏者として初舞台を踏む。05年からは、合唱団JRS(ジョンラッターシンガーズ)等、クラッシクの合唱団のサポートもこなしている。

 2010年に自己のバンドNEW5(高瀬龍一tp 井上淑彦ts 堀秀彰p 加納樹麻ds)を結成、オリジナル曲を中心としたストレートアヘッドなジャズで、横浜ジャズプロムナード、岡崎ジャズストリートといったフェスティバルの他、ライブハウスでも演奏を展開している。

 98年スイングジャーナル誌国内ジャズメン人気投票アコースティクベース部門第5位、99年同2位、00年同5位。現在、自己のバンドNEW5の他、向井滋春tbG、平賀マリカvoG、早川泰子pG等で活動中。またアルコ奏法を名古屋フィル田中伸幸氏、高西康夫氏に師事

レコーディング参加CD

 ジャズネットワークス「ブルーズンバラッズ」

           「ジアザーデイ」    BMGビクター

 原 朋直  「フォーミュージシャンズオンリー」  キングレコード

 寺下 誠  「イーハトーブ」  TSSC

 「ジャズ新撰組」  キングレコード

 小池純子  「UH HUH」  SONOKA レーベル

 大橋美加  「Songs for Tired Lovers」  キングレコード

 嶋津健一  「シンメトロフォビア」  ロービングスピリッツ

平賀マリカ 「My Shining Hour」  ジャズフリークレコード

 上山高史  「THAT OLD PIECES」  ロービングスピリッツ

 向井滋春  「SUPER C BRASS」   ジゾーレーベル

 向井滋春  「FOUR TROMBONES」   スキップレコード

 嶋津健一  「Double Double Bass Session」 ロービングスピリッツ

 角田健一ビッグバンド  「for J.G.」 角田健一ビッグバンド事務所

 向井滋春  「JAZZ STRINGS」   カメラータ東京 / insights

 亜樹山 ロミ  「ペストリー・オブ・メモリーズ」 What's New Records

 松本 茜  「フィニアスに恋して」  SAVOY/Jroomレーベル

  松本 茜ニューロマントリオ 「バカラック・ジャズ」 

               「バッハ ジャズ」  Columbia Music Ent.

  早川 泰子 「5021」   Full House