◆島嶼(東京都・長崎県・鹿児島県・沖縄県)

島嶼の事業者でも、5Eと異なり、7Eでは自社発注車・移籍車ともに、それなりの数が採用されている。
ただし、その分布範囲は、主要四島と同一の事業者を除けば、殆どは伊豆諸島と南西諸島に限られる。

※2016.05.04 壱岐交通を追加しました。

・大島旅客自動車 [伊豆大島]
1)東海汽船の伊豆大島でのバス事業を分社した事業者で通称は大島バス。
 自社発注の路線車は貸切兼用タイプばかりで7Eは存在しないが、移籍車で9m大型と中型を導入した。
 なお、東海汽船時代にも7E架装の大型車が1台移籍しているが、ごく短期の使用に終わった。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型 9m大型のみ。
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E
大島旅客自動車
日デ U-RP210GAN 2009.3 東京都大島町
 もと関東バス。自社発注車と異なり黄色一色に塗られている。

・八丈町 [八丈島]
1)緑ナンバーの町村営バスで、唯一富士7E・8Eを入れた事業者。
 貸切兼用のいすゞと、路線用の日デが在籍する。いずれもU-の大型である。

2)いずれも軸距4.6〜4.7m級で、窓構造はメトロ窓。サブエンジンクーラーを備える。
 扉配置はいすゞはトップドア、日では前中折戸である。なお、いすゞ車は高出力エンジンである。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E
八丈町
日デ U-UA440HSN 2008.10 東京都八丈島八丈町
 路線専用の日デ大型は1台のみ。

・三宅村 [三宅島]
1)2000年の雄山噴火に伴う全島民避難が解除された2005年以降
 路線用に数台が移籍してる。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E

・壱岐交通 [壱岐島]
1)近年まで佐賀県の昭和自動車の系列であったが、離脱した模様。
 同社から日デの大型が1台移籍した。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E
壱岐
日デ U-UA440LAN 2016.4 長崎県壱岐市(郷ノ浦)
 もと西武バス→昭和自動車。1993年12月製で、実に車齢22年での移籍である。

・屋久島交通 [屋久島] (→統合:いわさきコーポレーション→分社:種子島・屋久島交通)
1)いわさき(鹿児島交通)系列の事業者。
 親会社と同仕様のU-で日デの大型を1台のみ導入した。

2)軸距5.2m級のエアサス車で高出力車を採用。
 扉配置はトップドア、窓構造はいずれもメトロ窓である。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E
屋久島
日デ KC-UA521NAN 2012.5 鹿児島県熊毛郡屋久島町
(宮之浦港)
 撮影時、種子島・屋久島交通。唯一の富士重工架装の路線車。親会社の車両とは冷房の仕様が異なる。

・奄美交通 [奄美大島] (2008年6月 事業廃止)
1)いわさき(鹿児島交通)系列の事業者。親会社と同様、U-で日デの大型を導入した。
 標準出力車と高出力車が在籍する。

2)軸距5.2m級のエアサス車を採用。扉配置は標準出力車が前中ワイドドア、高出力車がトップドア。
 窓構造はいずれもメトロ窓である。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E

・道の島交通 [奄美大島] (←商号変更:岩崎バス →しまバス)
1)岩崎バス時代に1台のみ、いすゞの大型車が移籍した。
 2008年6月に奄美交通の事業を引き継いだ際、同社から車両が移管された。
 その後、日デRNが移籍。更に、しまバスに社名変更後、日デの大型が移籍している。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型☆△
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E 日デRNのみ
奄美交通→道の島交通 奄美交通→道の島交通
日デ U-UA440LAN 2009.5 鹿児島県奄美市(名瀬)
 奄美交通の引継ぎ車。社名を変更しただけで、外装に変化はない。
日デ U-UA510LAN 2009.5 鹿児島県奄美市(名瀬)
 奄美交通の引継ぎ車で高出力車。こちらも特に外装に変化はない。

・徳之島総合陸運 [徳之島]
1)1台のみ日デの中型(U-RM210ESN)を導入したが、既に無い。
 前中引戸・2段窓と仕様が同社の他の車種と著しく異なることから、もとサンプルカーと思われる。
 このほか、契約輸送用にいすゞの9m大型が在籍した。

2)
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型 契約輸送用のみ
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E もとサンプルカー?

・沖縄バス [沖縄本島]
1) 系列に販社がある関係で、全ての車両が三菱の事業者。
 7E架装車は、移籍車で1台が在籍したのみ。
 以下、沖縄本島の事業者に共通の事項であるが、那覇の市内線以外で使用される移籍車は中・後扉を締め切り、車内は通常の床・座席に改造されている。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E
沖縄
三菱 P-MP618K 2000.2 沖縄県那覇市
 もと自家用。現在は廃車。

・琉球バス [沖縄本島] (→2006年9月 琉球バス交通へ事業譲渡)
・琉球バス交通
1) 琉球バス時代に、自社発注で日デと日野の大型車を導入。路線用と、米軍のスクールバス用が存在した。
 のちに移籍車で日デの大型・中型を大量に導入。琉球バス交通に事業譲渡後は、いすゞの大型も移籍している。
 塗装は、下にあげた4種類のほかに、もとの事業者の塗装に若干の手を加えただけで使用しているものがある。

2) 路線用は軸距5.2m級で、扉配置はトップドア、窓構造はT字窓である。
 長距離路線用にハイバックシートを備え、座席部の床面が通路部分より一段高いのが特徴。いずれもP-車である。
 米軍スクールバス用は、軸距5.5級で、扉構造はトップドア、窓構造は2段窓である。

・琉球バス
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型○△ 
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E

・琉球バス交通 ※琉球バスの自社発注車は○で表示。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型○△
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E
琉球 琉球 琉球
日野 P-HT235BA 2008.11 沖縄県那覇市
 琉球バス時代の自社発注の7Eはこの塗装が施される。
日デ P-U33L 2003.5 沖縄県那覇市
 もと自家用。琉球バス時代の移籍車は、この塗装になる。
日デ U-UA440NSN 2008.11 沖縄県那覇市
 琉球バス時代に米軍スクールバスとして導入された車両を路線用に転用したもの。
琉球
いすゞ U-LV324L 2008.3 沖縄県那覇市
 もと京浜急行電鉄。琉球バス交通になってからの移籍車は、那覇バスと同一の系列になったため、塗装も同社の郊外線塗装に準じたものとなる。

・那覇交通 [沖縄本島] (→2004年7月 那覇バスに事業譲渡)
・那覇バス
1) 那覇の市内線と、数系統の郊外線を運行する事業者。
 那覇交通時代に、移籍車でいすゞの大型を市内線・郊外線に数台投入したが、本格的なものは、那覇バスに事業譲渡後になる。
 那覇バスになってからは、いすゞの中型、日デの大型・中型も移籍している。

・那覇交通
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型 
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E   

・那覇バス
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E
那覇バス市内線 那覇バス郊外線
いすゞ U-LV324K 2012.4 沖縄県那覇市
 もと東京都交通局。市内線の塗装は事業譲渡時に変更された。
いすゞ U-LV324L 2008.11 沖縄県那覇市
 もと東武鉄道。郊外線の塗装は事業譲渡後も変更はなかった。

・久米島交通 [久米島]
1) P-で日デの大型車を導入した。貸切兼用。
 なお、1997年に乗合事業から撤退したあとは、貸切車として使用されていた。

2) トップドアでT字窓の標準尺車だった模様。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E

・宮古協栄バス [宮古島]
1) 自社発注でP-とU-で日デの大型車を導入している。他に移籍車で日デの中型とRNが存在する。

2) P-はエアサスの軸距5.2m級で、窓構造はT字窓。もともとはホテルの専用車であった。
 U-はエアサスの軸距4.7m級で、窓構造は2段窓。沖縄でありながら非冷房である。
 なお、両者ともに扉配置はトップドアである。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E RNを含む。
協栄 協栄 協栄
日デ P-UA33L 2008.11 沖縄県宮古島市(平良)
 もともとは直結冷房だったが、路線転用後に冷房機は外された。
日デ U-UA440HAN 2008.11 沖縄県宮古島市(平良)
 
日デ KK-RM252GAN 2014.3 沖縄県宮古島市(平良)
 もと横浜市交通局。2008年から投入された移籍車は、この塗装となっている。

・東運輸 [石垣島]
1) 石垣空港のランプバス用に日デといすゞの移籍車を投入した。比較的短い周期で車両が入れ替わっている。
このうちの1台が路線用に転用された。これらのほかに、日デのRNが移籍している。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型 日デの△は空港構内ランプバス用
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E RNのみ
あずま あずま
いすゞ U-LV324L 2008.3 沖縄県石垣市
 もと東武鉄道。各車の塗装がバラバラの東運輸だが、空港ランプバスの塗装は統一されている。
日デ KC-RN210CSN 2012.4 沖縄県石垣市
 もと京王グループ。ワンステップ車は、全車同一の塗り分けで色違いとなっている。

・カリー観光 [石垣島]
1) 沖縄本島の豊見城に本社がある事業者だが、石垣島にも営業所を持ち、
 2015年7月には石垣空港と離島桟橋を直行する路線バスの運行を開始した。
 これに際して6台の移籍車が用意されたが、この中に富士7E・8E架装車が2台存在している。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E RNのみ
カリー
日デ KC-RN210CSN 2015.9 沖縄県石垣市
 もと京阪宇治交通。乗合の中では唯一の小型車でも予備車的存在。

・西表島交通 [西表島]
1) 路線車両は全て移籍車両で賄っている。しかも、その在籍期間が比較的短く、車両交換のサイクルは早めである。
これまでのところ、日デの大型車、およびRNが1台移籍しているが、同時に使用された時期はない。
 車両の塗装は、もとの所有者のままで変更なしか、小規模の変更に留めて使用されている。
日デいすゞ日野三菱備考・その他
7E 大型
7E ノンステップ
新7E 大型
新7E フルノンステップ
8E RNのみ
西表島 西表島
日デ U-UA440NSN 2008.3 沖縄県八重山郡竹富町
(西表島・大原)
 もと埼玉県内の大学の自家用。廃車直後の姿。
日デ KC-RN210CSN 2012.4 沖縄県八重山郡竹富町
(西表島・大原)
 もと西東京バス。白帯を取っただけの状態で使用中。

▲ 7E・8E 採用事業者概況 インデックスへ