Top > 年齢 > 朝と夜 > 敷き布団 > 腰痛 > > 適応症等 > 予防法 > 手技療法とは
小田手技治療院
Top 治療院紹介 自己紹介 ご意見 リンク
背骨あれこれ





小田手技治療院
〒085-0813 
北海道釧路市春採1丁目3番18号
地図
電話番号
0154-41-0682

携帯電話HP































線

手技治療とは?

 初代である馨がカイロプラクティック(詳細)を 会得し、2代目の
博から3代目に引き継がれています。
本来は骨格全般を「手技」で調整する療法ですが、初代は主に
脊椎骨に注目し、そのズレが引き起こす諸症状の改善を図る
技術向上を目指してきました。
本来のカイロプラクティックと手法が異なってきましたので
敢えて「手技治療」と云っています。

 急性のギックリ腰やむち打ち症等、慢性の腰痛、頚痛、背痛
及びそれから発生する各部の神経痛の改善にはお役に立てる
と信じています。

 薬やサプリメントや器具は一切使用せず「手技」のみで治療
させていただきます。

 当院には、3歳の幼児から90歳過ぎの方までお出でくださいます。
傷めた経過等を充分お尋ねし性別、年齢等その方に合った治療を
させていただきますので安心してご来院下さい。

 長時間、長期間同じ姿勢での作業や生活が続き、運動不足に
なっているような方には定期点検として、お出でいただければ
健康維持のお役に立てると思います。

 1回から5回ぐらいで症状の改善が多くの方にみられますが、
完治するまでの回数はその方の症状や程度により異なります。
なぜなら、肩こり・五十肩・腰痛といっても人によって症状や痛みの
強さ、原因が違うからです。
 次に、その症状を引き起こした問題は外傷を除けば、どのような
生活習慣(姿勢・栄養・心理的)によるものか、その生活習慣を改善
するための協力を、ご本人に得られるかどうかで治療回数は大きく
左右されます。

 早く改善するように願っているのは患者さんだけでなく、治療する
側も同じです。症状改善への近道はお互いの共同作業にかかって
いると言えます。
 今まで、気付いていなかった悪い姿勢や悪習慣を改善するための
協力をご本人から得られれば、あとは適切な治療間隔により一般的
には1回から5回ぐらいで症状の改善が多くの方にみられます。
その後、1週間に1回、2週間〜3週間に1回と、徐々に間隔を
空けていくのが良いと思います。

 症状が改善されても定期的なメンテナンス(1〜2ヶ月に1度)を
お奨め致します。病気の予防、健康の維持・増進、心身の緊張
緩和、健康管理などに役立ちます。

お手紙
backbone@mcn.ne.jp(@小文字に直してください)

携帯:chiryoin.ot@ezweb.ne.jp(@小文字に直してください)