予防方法

ギックリ腰やむち打ち症は手足で云えば捻挫や脱臼の様な背骨がズレるという一種のケガです。ある意味で予防が難しいのですが日常の仕事や生活の姿勢の悪さから現れる症状はご本人の日頃の努力で予防は可能です。その方法は次の通り。

1.寝不足はしない。

2.柔らかいベッドや敷き布団は避ける。

3.速歩等で脚を鍛える。これで腹筋や背筋が丈夫になります。

4.枕は出来るだけ自分に合わせて作り肩の方へ引き寄せ首を支える様な感じでかける。

5.手枕や肘枕等でうたた寝をしない。

6.パソコン等力は必要としないけれど動きが少なく長時間続く作業や趣味を避ける。もしする時は1時間に一度くらい手を休めストレッチ等の柔軟体操をする。

小田手技治療院Topへ