相 談 事 例   「特殊詐欺が急増しています!」

  「近くに建設された有料老人ホームに入りませんか」 と電話があり、 入らないと断った。すると、「入居者候補の名簿にあなたの名前が載っている。 東北地方で入居希望者がいるので権利を譲ってほしい」 と言われた。 どうぞと答えたところ、 翌日また電話があった。「あなたの名義貸しがばれた。このままだとあなたは詐欺で刑事告訴される。 権利金300万円払えば罪を免れることができる」と言われた。 驚いて預金を下ろし指示通り宅配用封筒にお金を入れて送った。(80代 女性)

  連日のように、 振り込め詐欺や特殊詐欺の高額な被害が報道されています。 この他にも、 「市役所職員から電話があり、健康状態を聞いてきた」「息子が勤務先のお金を失くしたと電話をしてきた」「有名企業の社債の資料が黄色の封筒で届く」などさまざまな形で高齢者に近づきお金を出させようとします。
  最近は、 支払い方法が振り込みから、 現金送付、 手渡しなどに変わってきています。 また、 一度支払うと次々請求されて被害額が大きくなります。

困ったなと思ったら、消費生活センターに早めに相談してください。

■ ご 相 談 窓 口 ■