相 談 事 例  「 注文していないのに健康食品が送られてきた! 」

 最近、「注文していないのに健康食品を送ると電話があった」「断ったにもかかわらず健康食品が送られてきた」との相談が多く寄せられています。

@「2か月前に申し込みを受けた健康食品を送る」と突然電話があった。申し込んだ覚えはないと伝えると「確かに注文を受けた記録がある。代引配達で商品を送る。」と言って電話がきれた。業者名や連絡先を聞いても答えてくれなかった。受け取りたくない。

A「健康食品を送る」と電話があった。契約していないと伝えると「以前電話で商品を案内した時に契約している。代金を支払ってもらう。支払わなければ弁護士を連れて出向く。」と言われた。強迫的な口調に怖くなり、仕方なく契約を認めたが断りたい。

@のように、消費者が承諾していないにもかかわらず一方的に商品を送りつけられた場合、代金の支払い義務はなく、受け取る必要もありません。

電話がかかってきた場合は、「注文していない」とはっきり業者に伝えましょう。

断ったにもかかわらず商品が届いた場合は、配達員に待ってもらい、発送元業者名と連絡先を控えたうえで、商品の受取拒否をしましょう。

Aのように、業者からの電話勧誘で契約した場合は、一定期間内であればクーリングオフ制度により解約ができます。

断ったつもりでも「契約している」と言われたり、断りきれずに契約を承諾してしまった場合は、契約書面を受け取って8日以内にクーリーングオフ(契約解除)の通知を出しましょう。

一度支払った代金を取り戻すのは困難です。代引配達で届いた場合、安易にお金を支払わないようにしましょう。

困ったなと思ったら、消費生活センターに早めに相談してください。

■ ご 相 談 窓 口 ■