相 談 事 例  「訪問買取にご注意!!」

@ 「要らない着物はありませんか」 と女性から電話があり、 食器棚ならあると答えたところ、 すぐに男性が家に来た。 家に入るなり食器棚やタンスの引き出しを勝手に開けて洋酒や腕時計を出した。 時計はダメと断ったら、 「指輪やネックレスは無いか」 と言われ、 無いと言ったのにしつこく 「アクセサリーを見せて」 と言われ、 怖くなって指輪を渡した。
  食器や洋酒などと合わせて3000円で買い取られたがクーリングオフしたい。(80代 女性)

A 「無料で出張見積り」 との広告を見て自動車の査定を頼んだ。 業者が家に来て 「この車はもう乗ることができない、 鉄くずにしかならないので5千円で買い取る」 と言われた。考えてから連絡すると言ったが、 「忙しいので今決めて、 他店に相談してもこれ以上の値段にはならない」 とせかされ、 契約書にサインした。 その後親戚が車を使いたいというので、 業者に解約したいと連絡したら、 断られた。(50代 男性)

  事例1のように、 不要な服や家具を引き取ってくれると言うので家に来てもらったら、 怖そうな男性が来て家の中を物色し、 貴金属を安く買い取られる、 という相談が寄せられています。
  また、 事例2のように、 車の無料査定のはずだったのに、 その場で契約をせかされ後で解約を申し入れても全く応じられないというトラブルも増えています。
  事例1の貴金属の訪問買取は契約書を受け取った日から8日間はクーリングオフができますが、 事例2の車や、 家具、 本、 有価証券等はクーリングオフの対象にはなっていません。

困ったなと思ったら、消費生活センターに早めに相談してください。

■ ご 相 談 窓 口 ■