「 食の安全活動部 」

 平成14年に旭川市内の農産物生産者と消費者とのパイプを大きくし、より安全な食物を口にするためのネットワークづくりをめざした話し合いをしたのが始まりで、当時は「食のグループ」という名称でした。最初の活動は、生産者を訪問して「食の安全・安心」を考慮した栽培について直接話しを聞くことでした。
 その後、平成15年の旭川消費者協会総会で正式に『食の学習』として承認され「食の安全・安心グループ」となり本格的な活動が始まり、平成24年から「食の安全活動部」となりました。
 今後は、農産物や加工食品の輸入拡大に向けて、食品添加物や食品表示を消費者自ら判断し安全な食品を選ぶ力を高め合う活動を目指しています。

「 食の安全活動部 」 の あ ゆ み

 これまで行ってきた主な活動など。

☆平成15年 : 「クリーン・有機農産物生産者」 との懇談会

☆平成18年 : 講演会開催 テーマ「土づくり」

☆平成19年 : 「あさひかわこだわり農業ガイドブック」 掲載の生産者へ取材訪問

☆平成20年 : 「あさひかわこだわり農業ガイドブック2008」 発行

☆平成21年 : 消費者セミナー 「生産者と消費者の絆を深めよう」

☆平成22年 : 養液栽培の現状把握 現地視察

☆平成23年 : 消費者セミナー 「米のトレーサビリティ法」

☆平成24年 : 「あさひかわこだわり農業ガイドブック2013」 発行

☆平成25年 : 消費者セミナー 「食の安全」

☆平成26年 : 消費者セミナー 「あなたは地産地消してますか?」

☆平成27年 : 新しい「食品表示法」の学習会

☆平成28年 : 食品表示市場調査と報告