女性特有の腰痛あらた整骨院鹿児島本院

女性腰痛の整体ならあらた整骨院

腰痛・肩こり・首痛・頭痛・交通事故・ムチ打ち
ヘルニア・O脚骨盤矯正・五十肩・荒田八幡神社近く



完全予約制(当日予約もOK!)

今すぐ電話⇒(099)258−1141
「ホームページを見て・・」とお電話下さい。
◆営業:AM.9時〜PM.7時30分 P有り
◆定休日:日曜、祝祭日、木曜午後

整体・整骨は鹿児島あらた整骨院TOP ※あらた整骨院では、健康保険は取り扱っておりません。交通事故治療以外は自費扱いとなります。
鹿児島の整骨院ご案内


⇒整骨院のトップページ


⇒整体・整骨が初めての方

⇒整骨院の案内

⇒他の整体院との違い


⇒整骨院の施術の流れ

⇒整骨院の施術料金

⇒整骨院の詳しい地図


⇒整体体験者生の声

⇒整体とは?
院長のプロフィール

柔道整復師
・鹿児島あらた整骨院
・院長 今村辰郎

1956年 鹿児島県南さつま市
加世田生まれ。
私が自信を持ってあなたの施術を行ないます


⇒もっと詳しいプロフィール
どんどん良くなる、ますます良くなる院長のブログ
インターネット(メール)
予約はこちら
女性に多い症状対策
⇒女性特有の腰痛

⇒不妊症の真実


⇒生理痛と月経困難症

⇒骨盤矯正について

⇒O脚矯正について

⇒ねこ背矯正について

⇒肩こりは体からの警告

⇒辛い頭痛でお悩みの方へ

⇒片頭痛(偏頭痛)について

⇒便秘改善12の理由

⇒便秘は改善できるのか?

⇒冷え性は万病の元です!

⇒むくみ・浮腫について

⇒うつ病について

⇒更年期障害

⇒バセドウ病と整体

⇒めまいの定義

⇒自律神経失調症と整体

⇒腱鞘炎

⇒外反母趾
整骨院の症状別対策
⇒腰痛はなぜ起こるのか?

⇒もし、ギックリ腰になったら

⇒危険な腰痛

⇒腰の椎間板ヘルニア

⇒坐骨神経痛

⇒腰痛、分離症、すべり症

⇒脊椎疾患

⇒高齢者の腰痛

⇒交通事故ムチ打ち症

⇒首のヘルニア

⇒胸郭出口症候群

⇒手のしびれ

⇒五十肩、四十肩

⇒股関節の痛み

⇒膝の痛み

⇒眼精疲労

⇒アトピー性皮膚炎

健康と整体コラム
⇒体の歪みと痛み

⇒骨格の歪み

⇒不眠症について

⇒安静は効果があるか?

あらた整骨院 姉妹店
⇒体の骨格矯正専門院
骨盤・小顔矯正のELLY
あらた整骨院リンク集
⇒紹介したい治療院1
⇒紹介したい治療院2
⇒紹介したい治療院3

⇒紹介したい治療院4

ご縁がある方を紹介して
います。
あらた整骨院来院エリア
鹿児島市で腕がいい整体師と評判の鹿児島あらた整骨院には、南九州地方や薩摩半島を中心に鹿児島県外・鹿児島市外からも多数の方が整体を受けに来院されます。患者さんがお住まいのエリアは、鹿児島県鹿児島市中央町、鴨池、新屋敷、甲突町、加治屋町、西千石町、東千石町、天文館、天保山、与次郎、高麗町、上之園町、唐湊、田上、武町、西田、城西、上荒田、下荒田、荒田町を中心に、紫原、郡元、新栄町、星ヶ峯、皇徳寺、伊敷、西陵、和田町、武岡、天文館、吉野、谷山方面、鹿児島市外では、指宿、開聞、頴娃、川内、鹿屋、志布志、岩川、末吉、根占、出水、樋脇、阿久根、伊集院、国分、隼人、溝辺、大口、菱刈、霧島、南さつま市、加世田、笠沙、枕崎、川辺、知覧、頴娃、屋久島、種子島、奄美大島、徳之島、喜界島、甑島、などからご来院いただいています。鹿児島県以外では、福岡県、熊本県、天草、宮崎県、えびの市、都城、長崎県、佐世保、諫早、佐賀県、大分県、沖縄県、兵庫県、愛媛県、香川県、徳島県、広島県、山口県、大阪府、京都、神奈川県、横浜、東京都、茨木県、滋賀県から来院された方もいらっしゃいました。
鹿児島在住の方ですが、ドイツ人、カナダ人、オーストラリア人、マレーシア人、中国人の方も来院してくれました。









女性特有の腰痛

女性の場合・・男性と違い・・思春期から老年期まで、一生を通じて・・

女性ホルモンの影響を大きく受けます。



ですから・・各年代でいろいろな腰痛に悩まされることがあります。


妊娠中には、お腹が大きくなることで重心が変化し、筋肉の疲労を回復をしにくくしたり、

関節への負荷が強まることもありますが、ホルモン分泌の影響により腰痛が起こることもあります。、


また、更年期以降は、女性ホルモンの低下によって、骨粗しょう症による腰痛や

運動制限がみられることもあります。

女性の体は男性よりも柔軟性があります。(そうでない方もいらっしゃいますが・・)

これは、骨と骨をつなぐ靭帯という組織がよく伸びる性質をもっているからです。



裏を返せば、このような性質は、背骨を支える力が弱いとも言えます。

ですから、背骨を支えている筋肉や靭帯が弱いと筋肉性腰痛や

変性すべり症による腰痛が現れやすいとも言えます。

これらの予防対策として、若い頃から運動をして腹部、背部、脚部に筋力をつけて

おくことがとても大切です。

整体療法は、関節の可動域を広げて、骨盤や背骨の歪みを整え、

血流やリンパの流れをよくするので、腰痛を改善するのにとても有効です。



女性に多い腰痛の特徴 
 

男性との決定的な違いは・・女性には・・生理、妊娠、出産、閉経に

関連する腰痛が起こることがあります。

生理時には、子宮付近の充血やうっ血によって腰痛がみられることがあります。

当院には、妊娠中や出産後による腰痛や坐骨神経痛の方もよく来院されます。


性成熟期は、子宮筋腫とか子宮内膜症、卵巣のう腫などの婦人科系があると、

下腹部痛だけでなく、腰痛を訴える方もみられます。

閉経前後には、分離すべり症や椎間板ヘルニアなど腰椎の異常にともなう腰痛が起こることもあります。

更年期は、自律神失調症の症状としても腰痛がみられることもあり、

更年期以降は、女性ホルモンの低下により骨粗しょう症による腰痛もみられる方もいます。



筋性(筋疲労性)腰痛

慢性腰痛の多くは・・この腰痛です。

女性は腰や背骨を支える筋肉や靭帯の力が弱いために腰に負担がかかり、

腰痛が起きやすくなっています。


生理中に起こる腰痛

機能性月経困難症では、月経の開始時に腰痛が強く起こり、

主に若い年齢層に多く見られます。

月経前困難症では、月経の開始前3〜7日間に腰痛が起こり、主に中年層にみられます。

どちらもその時期が過ぎれば、腰痛は軽快し消失していきます。

女性の腰痛は、エストロゲン、プロゲステロンのホルモンバランスがが関係し、

子宮付近の充血やうっ血によって腰痛が起こります。



妊娠時や出産後の腰痛

妊娠にともなう腰痛は、妊婦の姿勢の変化によるものが多いです。

だんだん大きくなる子宮によって、腹壁が前方に出て身体の重心が前に移動し、


反り返った姿勢で歩行するため腰に負担がかかります。

腰痛は一般的に妊娠中期に強く現れてきます。

出産後の腰痛は、分娩による骨盤の緩みが出産後にも残るために起こると考えられています。


子宮筋腫など婦人科系による腰痛

子宮筋腫はエストロゲンの刺激によって発育が進み、内膜症は、子宮内膜が

子宮筋層や卵巣、腹膜、腸管壁などに進入して生じます。

これらは月経困難症としての腰痛を誘発します。

子宮筋腫では、筋腫がかなり大きくない限り、腰痛は月経後には消失しますが、内膜症では

病変部の出血にともなって、月経後にも腰痛が続くことが多くみられます。

卵巣のう腫の原因の約半数は、内膜症によるものといわれます。

子宮内膜が卵巣内に転移し、出血を繰り返して腫れてきますが、

これをチョコレートのう腫
と呼んでいます。


変性すべり症による腰痛

比較的、中年以上の女性に多くみられます。

椎間板の老化や腰椎の靭帯のゆるみなどによって、腰椎がお腹側の前方へ

すべって神経を圧迫するため、腰や足に痛みを感じます。


ひどくなると、坐骨神経痛により歩くとき痛みを生じます。


短い距離なら歩けるのですが、長く歩いたりしているとお尻や太ももの部分が

痛くなって、歩けなくなります。

しばらく、しゃがんで休んでいると痛みが軽減し、また歩けます。

更年期、自律神経失調症による腰痛

更年期における自律神経失調症は、女性ホルモンの低下により・・

さまざまな因子が影響して視床下部における自律神経中枢の・・

働きが乱れて生じます。

中枢のバランス乱れは末梢におよび、のぼせ感や発汗のほかに、

腰痛や背中の痛みがよくみられるようになります。

骨粗しょう症による腰痛

閉経後は、女性ホルモンの低下によって、骨からカルシウムが失われ、

腰痛を起こしやすくなります。

高齢の女性に最も多く、腰、背中、大腿部などに痛みがみられ、もろくなった背骨は、

ちょっと転んだだけで圧迫骨折を起こして、激痛がみられるようになります

骨粗しょう症は予防が重要です。

骨粗しょう症になりやすい人ては、比較的若い年齢で閉経になった人、運動をしない人、小柄な人、

肉食が多い人、お酒を飲みすぎる人、たばこを吸いすぎる人、ステロイドを服用している人


家系的にこの病気になりやすい人などがあげられます。

このような方は、出来ることであれば日常生活を改めて・・良い習慣として・・

1、適度な日光を浴びる。

2、食べ物からカルシウムの十分摂る。

3、規則的に歩いたりして運動を実行することが大切です。


女性の腰痛の整体

当院の整体療法は、妊娠中(妊娠3〜9月)でも、出来る安全な施術です。

ボキボキすることも、グイグイ強く押すことないので・・

妊婦の方でも骨粗しょう症の方でも安心な整体です。




当院の整体の特徴は、直接、骨盤や腰にアプローチするのではなく、優しい力で手や足を動かして

体の各関節(骨と骨のつなぎ目)が本来の位置で正常に動くようにします。



骨盤や背骨、股関節や筋肉等の身体の各パーツの歪みが・・


解剖学的に正しい位置で本来の動きができるように改善されれば、


結果として、血流や神経、リンパの流れが良くなり・・


腰の痛みやコリ、しびれ等不快な症状が取れていきます。



腰の痛み、体の不調で一度しかない人生をつまらなくしてはいけません。


必ず良くなります。


お気軽にご相談下さい。



当院は予約制となっています。
お電話にてご予約
くださいますようお願いします。

お電話お待ちしております⇒ (099)258-1141
「ホームページ見た!」と、お電話ください
当日予約もOKです!



⇒トップページへ戻る

⇒院長のプロフィール




 〒890-0054 鹿児島県鹿児島市荒田1-40-11 電車通りを挟んで、荒田八幡神社の真向かい
電話番号・099-258-1141

鹿児島のあらた整骨院は、部分だけでなく全身の施術をします。


トップページヘ 整骨院の選び方 院長のプロフィール  整骨院の手技  整骨院の体験談   腰痛はなぜ起こるのか?
もし、ギックリ腰になったら   整骨院のQ&A  整骨院の案内  整骨院の施術の流れ  整骨院の詳しい地図 O脚矯正について

 危険な腰痛 整骨院の料金 腰部椎間板ヘルニアについて 腰痛・分離症・すべり症 
交通事故ムチ打ち症 首のヘルニアについて 胸郭出口症候群 肩こりは体からの警告 辛い頭痛でお悩みの方へ 便秘は改善できるのか?
便秘を改善しなければならない12の理由  冷え性は万病の元です!  うつ病について  骨盤矯正について  坐骨神経痛 五十肩、四十肩
手のしびれ 整体・整骨が始めての方 片頭痛について 膝の痛み

Copyright (C) 2010 鹿児島あらた整骨院 All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている全ての画像・文章・データの無断転用、転載を固く禁じます。