体の歪みと痛み|あらた整骨院鹿児島本院

体の歪みと整体|あらた整骨院鹿児島本院


腰痛・肩こり・首痛・頭痛・交通事故・ムチ打ち
ヘルニア・O脚骨盤矯正・五十肩・荒田八幡神社近く


完全予約制(当日予約もOK!)
今すぐ電話⇒(099)258−1141
「ホームページを見て・・」とお電話下さい。
◆営業:AM.9時〜PM.7時 P有り
◆定休日:日曜、祝祭日、木曜午後
整体・整骨は鹿児島のあらた整骨院TOP ※あらた整骨院では、健康保険は取り扱っておりません。交通事故治療以外は自費扱いとなります。
鹿児島の整骨院ご案内


⇒整骨院のトップページ

⇒整体・整骨が初めての方

⇒整骨院の案内


⇒他の整体院との違い

⇒整骨院の施術の流れ

⇒整骨院の施術料金


⇒整骨院の詳しい地図


⇒整体体験者生の声

⇒整体とは?
整骨院長のプロフィール

柔道整復師
・鹿児島のあらた整骨院
・院長 今村辰郎

1956年 鹿児島県南さつま市
加世田生まれ。
私が自信を持ってあなたの施術を行ないます


⇒もっと詳しいプロフィール
どんどん良くなる、ますます良くなる院長のブログ
インターネット(メール)
予約はこちら
整骨院の症状別対策
⇒腰痛はなぜ起こるのか?

⇒もし、ギックリ腰になったら

⇒危険な腰痛

⇒腰の椎間板ヘルニア

⇒坐骨神経痛

⇒腰痛、分離症、すべり症

⇒脊椎疾患

⇒高齢者の腰痛

⇒交通事故ムチ打ち症

⇒首のヘルニア

⇒胸郭出口症候群

⇒手のしびれ

⇒五十肩、四十肩

⇒股関節の痛み

⇒膝の痛み

⇒眼精疲労

⇒アトピー性皮膚炎
女性に多い症状対策
⇒女性特有の腰痛

⇒不妊症の真実

⇒生理痛と月経困難症

⇒骨盤矯正について

⇒O脚矯正について

⇒ねこ背矯正について

⇒肩こりは体からの警告

⇒辛い頭痛でお悩みの方へ

⇒片頭痛(偏頭痛)について

⇒便秘改善12の理由

⇒便秘は改善できるのか?

⇒冷え性は万病の元です!

⇒むくみ・浮腫について

⇒うつ病について

⇒更年期障害

⇒バセドウ病と整体

⇒めまいの定義


⇒自律神経失調症と整体

⇒腱鞘炎

⇒外反母趾
あらた整骨院リンク集
⇒紹介したい治療院1
⇒紹介したい治療院2
⇒紹介したい治療院3

⇒紹介したい治療院4

ご縁があるところをご紹介して
います。


あらた整骨院 姉妹店
⇒体の骨格矯正専門院
骨盤・小顔矯正のELLY

健康と整体コラム
⇒体の歪みと痛み

⇒骨格の歪み

⇒不眠症について

⇒安静は効果があるか?

あらた整骨院来院エリア
鹿児島市で腕がいい整体師と評判の鹿児島あらた整骨院には、南九州地方や薩摩半島を中心に鹿児島県外・鹿児島市外からも多数の方が整体を受けに来院されます。患者さんがお住まいのエリアは、鹿児島県鹿児島市中央町、鴨池、新屋敷、甲突町、加治屋町、西千石町、東千石町、天文館、天保山、与次郎、高麗町、上之園町、唐湊、田上、武町、西田、城西、上荒田、下荒田、荒田町を中心に、紫原、郡元、新栄町、星ヶ峯、皇徳寺、伊敷、西陵、和田町、武岡、天文館、吉野、谷山方面、鹿児島市外では、指宿、開聞、頴娃、川内、鹿屋、志布志、岩川、末吉、根占、出水、樋脇、阿久根、伊集院、国分、隼人、溝辺、大口、菱刈、霧島、南さつま市、加世田、笠沙、枕崎、川辺、知覧、頴娃、屋久島、種子島、奄美大島、徳之島、喜界島、甑島、などからご来院いただいています。鹿児島県以外では、福岡県、熊本県、天草、宮崎県、えびの市、都城、長崎県、佐世保、諫早、佐賀県、大分県、沖縄県、兵庫県、愛媛県、香川県、徳島県、広島県、山口県、大阪府、京都、神奈川県、横浜、東京都、茨木県、滋賀県から来院された方もいらっしゃいました。
鹿児島在住の方ですが、ドイツ人、カナダ人、オーストラリア人、マレーシア人、中国人の方も来院してくれました。









痛みはこうして起こる! 

「痛み」というのは、「体の歪み」が原因になって起こります。

私たちの体に何らかの病気や不調が起こる背景には、必ず「体の歪み」があります。

この「ゆがみ」の原因は、骨だけの異常ではなく、心と体の両方にあります。

長い間の不摂生やストレスから自分を守ろうとして、


体が徐々に歪んでくる、いわば、体からのSOSなのです!


その歪みをもたらすものを、東洋医学では外因と内因、不内外因とに分けています。

外因とは?

外因とは体の外から影響をおよぼすもので、これには風・寒・暑・湿・燥・火の

6つがあり、「六淫の邪(ろくいんのじゃ)」と名付けています。


寒さであり、暑さ(火)であり、その移り変わりや変化を風といいます。


寒さや暑さ、湿気、乾燥がひどくなったり、

長く続いたりすれば、体調を崩す原因になります。



また、気温や湿度が変わるときには風が吹きますが、

その風によって起こる気候の変動も健康をそこない、痛みを起こす原因になります。

内因とは?

内因とは精神的・情緒的な影響で、これには喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の

7つがあり、「七情(しちじょう)」といいます。


文字どおり、喜び、怒り、憂い、思案、悲しみ、、恐れ、驚きなどの


精神的なストレスのことで、このストレスが体調を崩す原因になりますし、

痛みを引き起こしたり悪化させたりします。



喜びも度がすぎて浮かれすぎれば、悪影響をおよぼします、

不内外因とは?

不内外因とは、外因と内因以外のもので・・

「飲食労倦(いんしょくろうけん)」といいます。

飲み物、食べ物、肉体的な過労、精神的な疲労のことです。

これらが、健康をそこなう原因となり、痛みを引き起こすもとになるのは、

いうまでもないでしょう。このほか、転んだり、ぶつけたり、傷つけたり、

虫に刺されたりするのも、不内外因に含まれます。


こうしてみると、東洋医学の病気の原因についての考え方は、

精神的なストレスや肉体的ストレスによって生じるひずみが病気の原因になるという、


ストレス学説と共通するものがあるようです。


しかし、人間は生きている限り、いろいろなストレスを受けて、

精神的に肉体的にゆらいだ状態になります。

そのゆらぎによって生じたゆがみを正しながら、精神的にも肉体的にも強くなり、


成長していくともいえるので、ストレスというのは

私たちにとって必要不可欠なものともいえます。


自然治癒力の低下が体の不調を招く

私たちの体には、自然にこのゆがみを正す能力が備わっていて、

これを自然治癒力といいます。


健康な人というのは、体にゆがみが生じたらそれを正し、

また生じたら正すということを繰り返しているのです。


ところが、外因や内因、不内外因などによって自然治癒力が低下していると、

生じたゆがみを十分正すことができず、体にしびれや痛みを起こし、病気にもなります。


このことを、東洋医学の立場から説明すると、


外因である風・寒・熱・湿・燥・火、

内因である喜・怒・憂・思・悲・恐・驚、


不内外因である飲・食・労・倦は、経絡を伝わって

五臓六腑に入り、その働きを狂わせるために、病気になるとしています。

痛みが起こるのも同じことです。


体の歪みは防御反応のあらわれ  

外因である気候の変化、内因である精神的な動揺があると、

一般に人間は行動力が低下します。



寒ければじっとちぢこまるし、暑ければ汗をかかないようにと動かなくなります。

喜びを噛みしめたり、物思いに沈んだり、びっくりして身をひそめたりします。


そのために、肩がこったり、筋肉が固くなったり、

肩がつり上がるなど、体型にゆがみが生じてきます。



かたよった姿勢をとりますから、背骨にも歪みが生じます。

こうして、私たちが精神的ストレスや肉体的なストレスを受けると、

五臓六腑の働きにゆがみが生じるとともに、体型や姿勢にもゆがみが出てくるのです。


こうしたゆがみが体に生じるのは、決して不自然な状態ではないのです。

ストレスに対するある種の防御反応ともいえます。



ですから、ストレスがなくなれば、ゆがみを正してもとの健康体な状態に戻るのです。

ところが、ストレスが長時間にわたって持続したり、疲れや睡眠不足で体の防御力や

自然治癒力が低下していると、そのゆがみがもとに戻らなくなります。


そうしたことで、特定の筋肉や神経に循環障害があらわれ、

人体に痛みが生じ、病気になったりするのです。


こうして体に生じたゆがみを正すのは、私たちの体が持っている自然治癒力です。

自然治癒力はだれにでも備わっています。


ですから、病気や痛みを改善するのは・・


医師や施術家ではなく・・


患者様自身なのです。


われわれ施術家や医師がするのは、


人間が持っている自然治癒力をいかに引き出して、


早く回復・治癒させるかなのです。



当院は予約制となっています。
お電話にてご予約
くださいますようお願いします。
ご予約は今すぐ電話で⇒(099)258-1141
市電荒田八幡駅から徒歩2分!
駐車場有

「予約いいですか?」と、お電話ください

当日予約もOKです!



⇒トップページへ戻る


⇒院長のプロフィール