バセドー病と整体|あらた整骨院鹿児島本院

バセドウ病と整体|あらた整骨院鹿児島本院


腰痛・肩こり・首痛・頭痛・交通事故・ムチ打ち
ヘルニア・O脚骨盤矯正・五十肩・荒田八幡神社近く


完全予約制(当日予約もOK!)
今すぐ電話⇒(099)258-1141
「ホームページを見て・・」とお電話下さい。
◆営業:AM.9時~PM.7時 P有り
◆定休日:日曜、祝祭日、木曜午後
整体・整骨は鹿児島のあらた整骨院TOP ※あらた整骨院では、健康保険は取り扱っておりません。交通事故治療以外は自費扱いとなります。
鹿児島の整骨院ご案内


⇒整骨院のトップページ

⇒整体・整骨が初めての方

⇒整骨院の案内


⇒他の整体院との違い

⇒整骨院の施術の流れ

⇒整骨院の施術料金


⇒整骨院の詳しい地図


⇒整体体験者生の声

⇒整体とは?
整骨院長のプロフィール

柔道整復師
・鹿児島のあらた整骨院
・院長 今村辰郎

1956年 鹿児島県南さつま市
加世田生まれ。
私が自信を持ってあなたの施術を行ないます


⇒もっと詳しいプロフィール
院長のブログ
インターネット(メール)
予約はこちら
整骨院の症状別対策
⇒腰痛はなぜ起こるのか?

⇒もし、ギックリ腰になったら

⇒危険な腰痛

⇒腰の椎間板ヘルニア

⇒坐骨神経痛

⇒腰痛、分離症、すべり症

⇒脊椎疾患

⇒高齢者の腰痛

⇒交通事故ムチ打ち症

⇒首のヘルニア

⇒胸郭出口症候群

⇒手のしびれ

⇒五十肩、四十肩

⇒股関節の痛み

⇒膝の痛み

⇒眼精疲労

⇒アトピー性皮膚炎
女性に多い症状対策
⇒女性特有の腰痛

⇒不妊症の真実

⇒生理痛と月経困難症

⇒骨盤矯正について

⇒O脚矯正について

⇒ねこ背矯正について

⇒肩こりは体からの警告

⇒辛い頭痛でお悩みの方へ

⇒片頭痛(偏頭痛)について

⇒便秘改善12の理由

⇒便秘は改善できるのか?

⇒冷え性は万病の元です!

⇒むくみ・浮腫について

⇒うつ病について

⇒更年期障害

⇒バセドウ病と整体

⇒めまいの定義


⇒自律神経失調症と整体

⇒腱鞘炎

⇒外反母趾
健康と整体コラム
⇒体の歪みと痛み

⇒骨格の歪み

⇒不眠症について

⇒安静は効果があるか?
あらた整骨院リンク集
⇒紹介したい治療院1
⇒紹介したい治療院2
⇒紹介したい治療院3

⇒紹介したい治療院4

ご縁があるところをご紹介して
います。

あらた整骨院 姉妹店
⇒体の骨格矯正専門院
骨盤・小顔矯正のELLY

あらた整骨院来院エリア
鹿児島市で腕がいい整体師と評判の鹿児島あらた整骨院には、南九州地方や薩摩半島を中心に鹿児島県外・鹿児島市外からも多数の方が整体を受けに来院されます。患者さんがお住まいのエリアは、鹿児島県鹿児島市中央町、鴨池、新屋敷、甲突町、加治屋町、西千石町、東千石町、天文館、天保山、与次郎、高麗町、上之園町、唐湊、田上、武町、西田、城西、上荒田、下荒田、荒田町を中心に、紫原、郡元、新栄町、星ヶ峯、皇徳寺、伊敷、西陵、和田町、武岡、天文館、吉野、谷山方面、鹿児島市外では、指宿、開聞、頴娃、川内、鹿屋、志布志、岩川、末吉、根占、出水、樋脇、阿久根、伊集院、国分、隼人、溝辺、大口、菱刈、霧島、南さつま市、加世田、笠沙、枕崎、川辺、知覧、頴娃、屋久島、種子島、奄美大島、徳之島、喜界島、甑島、などからご来院いただいています。鹿児島県以外では、福岡県、熊本県、天草、宮崎県、えびの市、都城、長崎県、佐世保、諫早、佐賀県、大分県、沖縄県、兵庫県、愛媛県、香川県、徳島県、広島県、山口県、大阪府、京都、神奈川県、横浜、東京都、茨木県、滋賀県から来院された方もいらっしゃいました。
鹿児島在住の方ですが、ドイツ人、カナダ人、オーストラリア人、マレーシア人、中国人の方も来院してくれました。




甲状腺機能亢進症(バセドウ病)とは? 

バセドウ病は、甲状腺の障害の原因は免疫の異常と言われています。

甲状腺機能亢進症(バセドー氏病)は甲状腺という、

体に大切な甲状腺ホルモンを分泌する所、これは首の前にありますが、

そこが異常に機能亢進する病気です。


甲状腺の機能が異常に高まり、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるために

起こる症状を
甲状腺機能亢進症といいます。

甲状腺機能亢進症の中で、最も多く、その代表といわれるのがバセドウ病です。

この病気は、甲状腺臓器の特異性な自己免疫疾患のひとつで、

1000人中2〜6人いると言わているそうです。

女性が男性より5倍と多いのも特徴のようです。

「動悸・息切れ」 「たくさん食べるけれど痩せる」 「脈拍が早くなった」・・

こういう症状が出たら要注意です。

バセドウ病の症状

甲状腺が肥大して機能が亢進するために、

甲状腺ホルモンが分泌過剰になって、種々の症状が起こってきます。


2030歳代に多く発症し、40歳代がこれに続きます。

男女比は、女性のほうが男性の
3~5倍でかなり多くなっています。

バセドウ病の最初の症状では・・

1、甲状腺腫

2、眼球突出

3、脈拍数が上がる・・などが特徴で、

これを「メルゼブルグの三主張」と呼んでいます。

その他の症状としては・・

汗をかきやすい

手が震える

からだがだるい、

食欲が
旺盛になるが体重が減りやせてくる

神経過敏になり精神が不安定になる

微熱が出る

下痢しやすくなく

不整脈が起こる


月経異常があるなど様々な症状が出ることがあります。

甲状腺腫  

甲状腺の腫れは、はっきりしないこともありますが、

ほとんどの場合認められるそうです。

多くの場合、甲状腺の大きさは正常の1.53倍(3060g)に肥大しています。

肥大は両側性ですが、左右で大きさが違うこともあります。

眼の症状

通常は両眼が同じように突出しますが、片眼だけ突出することもあります。

眼の筋肉の機能不全を起こし、近いものを見ることが困難になることがあります。

しかし、必ずしも全患者に起こるわけでなく、

眼球突出の症状は約半数に起こるといわれています。

循環器の症状

大部分の患者は動悸を訴えます。初めは興奮した時に起こりますが、

病気が進行すると安静時にも感じるようになってきます。

脈拍数は、1分間に100160回くらいで、これ以上になることもあります。

精神・神経症状

バセドウ病になると神経質になり、精神状態が不安定で

イライラして落ち着きがなくなってくることがあります。

神経症状としては、手などが震えてきます。

消化器症状

食欲が出てき食べる量は増えますが、逆に体重は減り、やせてきます。

便通は下痢になりやすい傾向があります。

その他の症状

運動時に息切れが認められたり、糖尿が認められることがあります。

女性の場合、月経障害があり、多くは月経過少となり不規則になって来ます。

また、非常に汗をかきやすくなり、
微熱が出てきたりします。

目つき顔つきも、きつくなります。

バセドー病・整体

先程から述べているように、甲状腺の腫れ、眼球突出、脈が速い、体重減少、

汗がよく出るなどの症状などが現れた時は、バセドウ病を疑ったほうがいいでしょう。

そのまま放置していると、心臓の弁の異常が出たり、肝臓が悪くなることもあるので、

バセドー病の症状が出たときは、すぐに医療機関で検査することです。

バセドー病の治療は、甲状腺の機能を抑える薬が中心になるので、

副作用は、白血球減少と発疹になることがあります。

バセドー病にかかると、腰痛を引き起こすことも時折あると言われています。

それは、バセドー病になると、骨粗しょう症になる可能性が高いからです。

整体的には、結局のところ、カラダの状態がよくないので

甲状腺の異常が出ていると考えます。

整体で内臓や頭蓋骨を整え、心の持ち方と食事・水など生活を正しくすれば・・

改善していくと考えています。



当院は予約制となっています。
お電話にてご予約
くださいますようお願いします。
ご予約は今すぐ電話で⇒(099)258-1141
市電荒田八幡駅から徒歩2分!
駐車場有

「ホームページを見た!」と、お電話ください

当日予約もOKです!



⇒トップページへ戻る


⇒院長のプロフィール