安静は効果があるか?|あらた整骨院鹿児島本院

安静と整体|あらた整骨院鹿児島本院


腰痛・肩こり・首痛・頭痛・交通事故・ムチ打ち
ヘルニア・O脚骨盤矯正・五十肩・荒田八幡神社近く


完全予約制(当日予約もOK!)
今すぐ電話⇒(099)258−1141
「ホームページを見て・・」とお電話下さい。
◆電話受付AM.8時半〜PM.7時 P有り
◆定休日:日曜、祝祭日、木曜午後
整体・整骨は鹿児島のあらた整骨院TOP ※あらた整骨院では、健康保険は取り扱っておりません。交通事故治療以外は自費扱いとなります。
鹿児島の整骨院ご案内


⇒整骨院のトップページ

⇒整体・整骨が初めての方

⇒整骨院の案内


⇒他の整体院との違い

⇒整骨院の施術の流れ

⇒整骨院の施術料金


⇒整骨院の詳しい地図


⇒整体体験者生の声

⇒整体とは?
整骨院長のプロフィール

柔道整復師
・鹿児島のあらた整骨院
・院長 今村辰郎

1956年 鹿児島県南さつま市
加世田生まれ。
私が自信を持ってあなたの施術を行ないます


⇒もっと詳しいプロフィール
院長のブログ
インターネット(メール)
予約はこちら
整骨院の症状別対策
⇒腰痛はなぜ起こるのか?

⇒もし、ギックリ腰になったら

⇒危険な腰痛

⇒腰の椎間板ヘルニア

⇒坐骨神経痛

⇒腰痛、分離症、すべり症

⇒脊椎疾患

⇒高齢者の腰痛

⇒交通事故ムチ打ち症

⇒首のヘルニア

⇒胸郭出口症候群

⇒手のしびれ

⇒五十肩、四十肩

⇒股関節の痛み

⇒膝の痛み

⇒眼精疲労

⇒アトピー性皮膚炎
女性に多い症状対策
⇒女性特有の腰痛

⇒不妊症の真実

⇒生理痛と月経困難症

⇒骨盤矯正について

⇒O脚矯正について

⇒ねこ背矯正について

⇒肩こりは体からの警告

⇒辛い頭痛でお悩みの方へ

⇒片頭痛(偏頭痛)について

⇒便秘改善12の理由

⇒便秘は改善できるのか?

⇒冷え性は万病の元です!

⇒むくみ・浮腫について

⇒うつ病について

⇒更年期障害

⇒バセドウ病と整体

⇒めまいの定義


⇒自律神経失調症と整体

⇒腱鞘炎

⇒外反母趾
あらた整骨院リンク集
⇒紹介したい治療院1
⇒紹介したい治療院2
⇒紹介したい治療院3

⇒紹介したい治療院4

ご縁があるところをご紹介して
います。


健康と整体コラム
⇒体の歪みと痛み

⇒骨格の歪み

⇒不眠症について

⇒安静は効果があるか?

あらた整骨院 姉妹店
⇒体の骨格矯正専門院
骨盤・小顔矯正のELLY

あらた整骨院来院エリア
鹿児島市で腕がいい整体師と評判の鹿児島あらた整骨院には、南九州地方や薩摩半島を中心に鹿児島県外・鹿児島市外からも多数の方が整体を受けに来院されます。患者さんがお住まいのエリアは、鹿児島県鹿児島市中央町、鴨池、新屋敷、甲突町、加治屋町、西千石町、東千石町、天文館、天保山、与次郎、高麗町、上之園町、唐湊、田上、武町、西田、城西、上荒田、下荒田、荒田町を中心に、紫原、郡元、新栄町、星ヶ峯、皇徳寺、伊敷、西陵、和田町、武岡、天文館、吉野、谷山方面、鹿児島市外では、指宿、開聞、頴娃、川内、鹿屋、志布志、岩川、末吉、根占、出水、樋脇、阿久根、伊集院、国分、隼人、溝辺、大口、菱刈、霧島、南さつま市、加世田、笠沙、枕崎、川辺、知覧、頴娃、屋久島、種子島、奄美大島、徳之島、喜界島、甑島、などからご来院いただいています。鹿児島県以外では、福岡県、熊本県、天草、宮崎県、えびの市、都城、長崎県、佐世保、諫早、佐賀県、大分県、沖縄県、兵庫県、愛媛県、香川県、徳島県、広島県、山口県、大阪府、京都、神奈川県、横浜、東京都、茨木県、滋賀県から来院された方もいらっしゃいました。
鹿児島在住の方ですが、ドイツ人、カナダ人、オーストラリア人、マレーシア人、中国人の方も来院してくれました。

安静について 

腰痛を起こして安静にするのは常識になっていますが・・

3〜5日して痛みが軽減したら体を少しずつ動かすようにしましょう!


病気やケガで受診すると、「安静」をとるようにいわれることがあります。


確かに安静は、病気の初期や症状によってはたいへん重要なことで、

これを守らないと病状が悪化したり、治癒が遅れたりすることも少なくありません。


しかし、必要以上に安静をとることも、
実は、改善に悪影響を与えてしまうことがあります。

近年、安静、不動(動かないこと)に対する生理学的、病理学的研究が進むにつれ、

その害が予想以上に大きく、重篤な状態を引き起こすことが指摘されています。


動かないことによって、起こる生理学的変化

人は、就寝中でも 1520 分おきに体を動かして、寝返りを打ったりしながら、

一晩に2530 回無意識に体を動かしているといいます。



安静の期間については、医学的に十分に検討されているとはいえません。

しかし、医師は、ついつい長めの安静を指示してしまいがちです。


というのは、早い時期から運動をするように指示して悪い結果になった場合、

因果関係がはっきりしているので医師の責任になる可能性が高いのですが、

逆に安静にしていて回復が遅れたり、合併症が出現したりした場合は、


「病気だったのだからやむおえない」

「ケガをしたのだからしょうがない」ということで、


医師の責任が問われることはあまりないからです。


医師も、自分にとってリスクの少ない方法を選択しがちなのです。


しかし、安静、不動(動かないこと)の悪影響の大きさが明らかになってきたからには、

今後は医師もこれまでのような無責任な態度ではいられなくなるでしょう。


ところで、安静、不動は、からだにどのような影響をもたらすのでしょう。


実は、からだを動かさないことによって、

次のような生理学的変化が起こることが報告されています。


・基礎代謝の低下


・カルシウムの尿への排泄増加


・下肢の環境不全・浮腫(むくみ)の出現


・血液量の低下


・安静時脈拍数の低下



この報告は、健康なボランティアの骨盤から下肢を4〜7週間ギブスで

固定して調査した結果です。


また、骨粗鬆症などで骨折した老人が寝たきりになると

痴呆化しやすい、という報告もあります。


廃用症候群

廃用症候群とは過度に安静にすることや、

活動性が低下したことによる身体に生じた状態をさします。



安静、不動による二次傷害は廃用症候群と呼ばれ、

次のような項目を予防するためにリハビリの必要性が強調されています。


★骨格筋の委縮

ギブス固定により急速に進行し、筋力が低下する(1週間に10〜15%低下)。

★骨粗鬆症

骨吸収が骨形成を上回るために起こり、

骨が弱くなりかんたんに骨折を起こします。

関節の拘縮

関節包、靭帯が弾性を失い、短縮するために起こる。また腱も弱くなる。

肩、手首、腰、膝などの関節痛が出やすくなる。

★尿路結石

尿中のカルシウム排泄増加や尿のうっ滞などに起こる。

感染をともなうと悪化する。


★環境傷害

血管運動神経の反応低下や血流のうっ滞によって起立性低血圧、

下肢深部性脈結栓症、浮腫、嚥下性肺炎などを起こす。


★褥瘡(床ずれ)

皮膚の循環障害による壊死であり、持続性の圧迫が主な原因である。


★括約筋障害

失禁、頻尿、便秘などが起こる。


★心理的荒廃

意欲の低下、感情失禁、うつ状態などを示す。

老人では、一時的に痴呆の症状を示すことがある。


イギリスに「1オンスの予防は1ポンドの治療に勝る」という諺があります。

(1ポンド=16オンス)


この意味は・・


回復に要する時間は・・


安静、不動期間に比べて・・


はるかに長いので・・


予防が大切ですという意味です。


自然回復が期待できない場合や元に戻らない変化により

障害を残してしまう場合もあります。


以上のことから、安静は様々な弊害を引き起こすことが理解できると思います。



当院は予約制となっています。
お電話にてご予約
くださいますようお願いします。
ご予約は今すぐ電話で⇒(099)258-1141
市電荒田八幡駅から徒歩2分!
駐車場有

「予約いいですか?」と、お電話ください

当日予約もOKです!



⇒トップページへ戻る


⇒院長のプロフィール