名古屋臨海鉄道(その1)                                          

2005/05/25作成
2006/05/21更新
2006/08/01更新
2006/08/05更新
2007/10/22訂正
2008/05/25更新(ND601写真を追加)

東海道線の笠寺駅でJR線と接続。
東港線(笠寺〜東港)、南港線(東港〜知多)、汐見町線(東港〜汐見町)、昭和町線(東港〜昭和町)、東築線(東港〜名電築港)の5路線があります。
貨物輸送が鉄道からトラックに移ったことで一部の路線や区間では運行されていません。


名古屋臨海鉄道が所有するディーゼル機関車をまとめました。

車   番 写    真 先頭部マーク 記事(撮影場所、撮影年月日)
ND601 なし ライト2灯
東港
2008/05/24
ND552 1 (不明)
ND552 2 ライト1灯
東港(廃車群中から)
2006/07/30
ND552 3 ND552 3 ライト2灯
名古屋貨物ターミナル北
2004/08/22
ND552 4 (欠番)
ND552 5 ライト1灯
東港
2004/11/23
ND552 6 ND552 6 ライト1灯
名古屋南貨物
2004/07/18
ND552 7 ND552 7 ライト1灯
笠寺
2004/11/07
ND552 8 ライト1灯
南港線(東海市南柴田地内)
2004/07/31
ND552 9 ライト1灯
東港
2004/10/17
ND552 10 ND552 10 ライト1灯
白水踏切(東港の南)
2004/11/06
ND552 11 (廃車後、岐阜県内のドライブインに展示されている模様)
ND552 12 ライト2灯
東港(廃車群中から)
2006/07/30
ND552 13 ND552 13 なし ライト2灯
名古屋貨物ターミナル北
2004/08/22
ND552 14 (欠番)
ND552 15 なし ライト2灯
東港
2004/08/21
ND552 16 なし ライト2灯
名古屋貨物ターミナル北
2004/10/06
ND552 17 ライト2灯
東港駅の廃車群中にいる
ND552 18 (不明)
ND552 19 (四日市臨港線の太平洋セメントにいる模様)
廃車群 廃車群 北から、DD13 305+DD13 304+ND552 17
+オトキ(?)28664+ND552 12+不明DL+不明車輌
(車番は痕跡等から読み取ったものです、誤りがあるかもしれません)
東港
2004/08/11

ディーゼル機関車


5号機中央部

10号機中央部

新型車両のND601、赤い帯がある
2008年2月6日甲種輸送された
(2008/05/24撮影)

JR笠寺(ヤード)


5号機が牽くタンク車

9号機が牽く石灰石貨物列車

7号機とEF65_1075の並び

待機中の7号機

重連で機回し中

東港線


笠寺から東港線に入ってきた石灰石貨物列車

貨車を利用した倉庫が線路脇にあった

国道23号線上を横断

国道247号線上を横断

名鉄と交差する東港線

工場地帯の道路を高架橋で横断、西に進んで南にカーブ

大江川橋りょうを渡る貨物列車

東港ヤードに進む石灰石貨物列車

東港駅

ここには広いヤードと本社社屋、機関庫、信号扱所などがあります。


東港駅

8号機と10号機の並び

発車前

笠寺に向けて出発

ハワム

笠寺に向かうタンク車

名鉄車輌の甲種輸送風景(2004/11/25撮影)

ホキ9500屋根なしタイプ

ホキ9500屋根ありタイプ

南港線

(アニメーション)動いていない時は更新ボタンを押してください
南側から東港駅に進入する列車

東港駅を南に出てすぐに県道と交差する白水踏切があります。
ここを列車が通行する時は添乗員が鉄路脇のスイッチを押して交通信号機を赤にし車を止めます。
列車は警笛を鳴らし安全を確認しながら踏切をゆっくり通過します。
添乗員は素早く機関車に乗り込みます。








白水踏切

天白川の橋りょう

天白川南岸から南方を見る

南進する列車

橋りょう上を南進する貨物列車

北進する5号機(単機)

新宝町交差点西の踏切

新宝町交差点に架かる歩道橋から見た踏切

三洋化成工業と国道247号線間を鉄路が通る

鉄路の上を伊勢湾岸自動車道が通る


加家IC近くで南進する貨物列車

加家IC近くから南を見る
右に分岐するのは製鉄所への石灰石専用線

名古屋南貨物駅
横須賀IC近くにあります
撮影した(2004/7/11)時点では事実上の終点
ここより南は鉄路は残っているが運行の形跡なし

名古屋南貨物駅にて
コンテナ運搬用の重機

名古屋南貨物駅にて

BACK NEXT(名古屋臨海鉄道、その2へ)